べらみいち

こんにちは!

昨日夜中の2時まで平島さんと会議inマックをしていたせいで、今日仕事中に寝息をたててしまった石川です!

今日の午前中、前々から私達が行きたかったベラミ市なるイベントに行ってきました。

場所は、北九州市若松区にある高遠山の山頂らへんです。

ベラミ市の会場には、建築業界人の大好物の”ポテンシャルの高い建物”があるらしいのです。

“ポテンシャルの高い建物”というのは、私達の間で今流行ってる言葉で(笑) いわゆる、面白い!貴重だ!珍しい!などなど建築的魅力満載ということです。

ちなみに、もう一つ”マルチポテンシャライト”という言葉も流行らそうとしているのですが、その話はまた今度。

最初に私達を出迎えてくれたのは、これ


なんだかわかりますか?

これ、茶室らしいです。

木造のつくりを模した鉄造の茶室!

バブリーな匂いがします。

お目当ての建物はこちら


ここは、その昔、キャバレーで働くお姉様方が生活していた寮なんだそうです。

建物のつくりは、室内から北九州の工業地帯を見下ろせる向きに畳敷の個室がいくつかあり、反対の明るい庭に面する広間的な共有の部屋が2つ、それに共同の水回りです。

広間の中はこんな感じ

 


とっても雰囲気のある素敵な場所です。

私達の見解としては、ここには手を加えることなく、そのままの姿でカフェなんかをやってくれる人が入ればとってもいい場所になると思います。

隣の広間は改装され、アンティークなお店が入っております。


お店をされてる方ともたくさんお話しさせてもらって、お近づきになれました。嬉しい。

下階では、40年、50年前のお姉様方のセクシーな写真がたくさん展示してありました。

私はその頃のそういう世界のことをほとんど知りませんが、今の、いわゆる風俗の持つイメージとは違い、きっと華やかで絢爛でその舞台に立っていたお姉様方は舞台女優のような地位とプライドを持っていたんじゃないかなあなんてことをこの建物のつくりをみて思いました。

この建物のもつたくさんの記憶を教えてもらったような気分です。
オーナーさんにもお会いできて、お話しを伺うことができました。

個性全開の素敵な女性のオーナーさん。

私達の若松を盛り上げよう計画にも賛同していただきまして、またひとつ素敵な点を見つけられて大満足のイベントでした。
というわけで、若松にあるたくさんの素敵な点と点を線に繋いで、面にしていこうという私たちの妄想はますます大きくなっていくのでした。

石川

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中