月別アーカイブ: 2015年12月

ここが私のホームです

こんにちは。愛犬の散歩中の石川です。

さてさて、昨日は私が大学を卒業してから、

3年ほど前まで6年間ほど勤めていた事務所の忘年会に行ってきました。

今年はいくつかの忘年会に参加させてもらいましたが、やはりこの会が一番長くお世話になっている方達との飲み会なので、ドキドキソワソワです。

更に今年は、先輩方のプロジェクトの発表も企画されておりまして、二度美味しい感じで参加してまいりました。

 先輩方が近頃のプロジェクトを発表し、それに対して意見が飛び交います。

 

作家対作家の対決です!

そんなプロジェクトの数々を見せてもらって私が思ったこと。

前日に某事務所さんの祝賀会で感動していた私は、素敵な事務所に勤めているスタッフさんが羨ましいなぁなんて思ってしまいましたが、なんということはない。。。

私のホームはこんなに素敵場所だったのね。

です。

故郷を離れて見てからその良さを知る心境とでもいうのでしょうか。

自分が元いた事務所を褒めるようで気が引けますが、

いや、もはやスタッフではないので言わせていただきますが

いやーっ、本物だなぁ。本当にいいもの作ってるなぁ(感嘆)

最近目新しい物や仕事にうつつを抜かしていた私は、またもやガツンとやられてしまいました。

そしてそれと同時に思い出しました。

そういや、あの頃結構辛かったよなぁ(笑

来春から、社会人10年目が始まる私です。何事も10年続ければそれなりのものになる、と言われている通例が建築に当てはまるかは疑問ですが、少しだけ先輩になりました。

あの頃の私のように、事務所を辞めるかとどまるかで悶々とする若い子たちを見ることも多くなりました。

彼らに少しだけ偉そうに言えることがあるとすれば、自分が後々振り返った時に、拠り所にできる場所があることの大切さです。

私にも平島さんにもそれがあります。

結局、辛かったことなんてどんどん薄れていくけれど、ずっと残り続けるのは、そこで築いた人間関係と自分が頑張ったという証しのようです。

でもそのありがたさって、後になってみないとわかんないんですよね〜。

というわけで、今年一年だけでなく、社会人生活も振り返っていろいろと考えることができた忘年会でした。

石川

広告

いよいよ工事開始!? & 祝賀会 〜 その2

いいもんですねぇ。祝賀会って。。。

近くで働いているよしみで、何かと声をかけていただいているF建築設計事務所さんが、大きなコンペを取られたということで、そのお祝いに参加させていただきました。

期待通り、会の初めに今回のコンペのお話が聞けました。

  
これまで当選には至らなかったコンペ案の数々を踏まえ、苦労されてきた経緯や、今回の当選案のプレゼンの再現などなど、とても勉強になりました。

更にそのあとの、スタッフの方一人一人のお話を聞いて、私はとても感動して、わくわくして、反省しました。

あの場で聞いたたくさんの素敵な言葉から感じたこの複雑な気持ちをうまく表現するのはとても難しいですが、

真剣に建築をやるのってすごく素敵なことだなぁ。

と、ガツンと感じました。

それを成したF事務所のみなさんに感動し、建築の奥深さや可能性にわくわくし、今の自分がどれほど力を尽くせているかということに反省しました。

それはそれはしんどかったでしょう、言い争いもしたでしょう、休みを削る日々をだったでしょう(想像)

コンペを取った!といういいとこだけ共有させてもらったお気楽な私たちには想像できてない壮絶な日々があったことでしょう。

それでも私は、いいなぁと思いました。

そういう物事への取り組み方って、もっと学生の時にはたくさんあった気がするのに、社会人になってからはすごく減ってしまった気がするからです。

大会のために部活に一生懸命になったり、体育祭や文化祭で一致団結したり。

勝手に青春思い出すわーっ

つまるところ、いろんな意味で羨ましいなぁ と、ひがませてもらった祝賀会でした。

みなさん本当にお疲れ様でした!

石川

いよいよ工事開始!?  &   祝賀会 〜 その1

こんにちは。

近頃、運転音痴のレッテルを貼られている石川です。心外です!

先日ようやく、私たちの事務所改装の見積もり調整が整いまして、いよいよ工事が開始できることになりました!

と、いうことで、既存の畳を上げて、床下の状況をチェック。

畳の部屋が3室あるのですが、床が下がってしまっている部屋と、まだしっかりしている部屋があります。

まずはしっかりしている部屋から

  
畳の下は結構綺麗。ということでそのまま利用決定です。

次に下がっている床。

  
、、、、、

板がたわたわしております。

打ち付けてあった釘も完全に錆びて、板が簡単に手で外れてしまいました(汗

板の下を覗いてみて納得。
床下には基礎の土間コンクリートが打たれておらず、土が見えていますねー。

土は湿気でジメジメ

  

そこからとなりの、床がしっかりしていた方の板の下を覗いて見ると、、、コンクリート打ってある!

今は地面にはコンクリートを打つのが主流なので、打つのが当たり前と思っていましたが、実際に建てられて数十年後の床の状況をみて改めて実感でした。

基礎って、勉強でも、スポーツでも、家でも大事なんだなぁ。

てなわけで、これからガンガン工事していくぞ!と、思ったら、年末で工務店さんの予定やら材料の手配やらが間に合わず。

年始から頑張ります!
さてさてそして、夜にはお世話になっている北九州市の設計事務所さんの祝賀会に出席させていただきました。

その2に続く!

石川

特別な時間が流れる場所−その2

ではでは本題へ
井上孝治写真館は、ご年配のご夫婦お二人で営まれております、土日だけ開館される写真館です。井上孝治さんはご主人のお父様だそうです。

建物の設計者は柿沼守利さん

もともとはご夫婦の別荘として設計されたのですが、ご夫婦からの要望により、設計途中でお父様の作品を展示するスペースが設けられたそうです。

建物は斜面に建っており、中2階部分が接道しています。

まずは、中2階の玄関から入らず、外階段を下って1階の作品展示スペースへ。

  
早速、最近しまいっぱなしの一眼を持って来ればよかったと後悔。

見渡す限り開けた景色と、程よい暗さの室内が濃密な陰から陽のグラデーションをつくっています。

ああ、スマホではとても手に負えないっ

空が雲に覆われていたせいか、この日の海の色は、日本の名前が似合うような(残念ながら私の語彙にはないですが)美しさでした。

正直、建築目当てで来た私たちでしたが、井上孝治さんの写真にも感動でした。

残念ながら写真に関する語彙も乏しい私ですが、たくさんの人が予約をしてまでこんな街から離れた場所まで足を運ぶ理由は分かりました。

鑑賞の後は、外階段でまた中2階のエントランスに戻り、改めて玄関からご夫婦の居住スペースへお邪魔します。

来場者は、なんとそこで、奥様の美味しいおやつとお茶がいただけるという情報は既にゲット済み!

なのですが、おやつにお目にかかる前に、玄関扉をあけて思わず声をあげてしまいました。

なんと素敵な玄関でしょう。

からの、なんと素敵なリビングダイニング!

さぁ、ここから想像してください。私の拙い実況で。

玄関扉を開くと、最小限の明かりだけがつけられた天井の低い玄関。

床や天井に使われている木が香ってきそうなツヤを放っています。

ほんの3畳ほどの空間に、下駄箱と下りの階段だけが据えられていて、階段を見下ろした先に見える明るさが、自然と私たちの足を階下に導いてくれます。

ゆるい階段を下っていくにつれて、少しづつ明るさの中に吸い込まれていき、リビングに降りた頃には、大きな窓の外、さらにその遠く先に玄界灘の水平線が広がっているのです。

どうです?少しは伝わりましたですか?

  
後で奥様に聞いたのですが、展示室からリビングは室内の階段でもつながっているのですが、あえて玄関からリビングに降りてきてもらうのは、この体験をみなさんにしてもらいたいからだそうです。

そんなことを考える人をご主人に持って、この建物は幸せだなぁ。

とても気さくなご夫婦にたくさんの興味深い話をお聞きして、気づいたらここへ来てから2時間半くらい経っていました。

お話の中で終始感じたことは、ここの建物が、なんて愛情深く作られ、愛情深く使われているのだろうということです。

その愛情は、確かにこの建物を見ていれば偽りないことがよくわかります。どこにも手を抜かれていない。

ご夫婦のお話を聞きながら、

人生考えさせられます

と何度も繰り返す平島さん

人生も、仕事に対する心構えも、いろいろなことを考えなおさせてくれる素敵な建物と、景色と、オーナーご夫婦でした。

こんな豊かな空間を提供できるような建築を設計しなくてはいけないのです。設計という仕事は。

久しぶりに建築の世界に惚れ直した時間でした。

いつかまた、開館される日を楽しみに。

石川
  

 

特別な時間が流れる場所−その1

  
  こんにちは、昨日の忘年会のせいで今日は喉がガラガラの石川です。

でも、文字を書くには支障なしなので、今回は長いですが、ぜひ最後までお付き合いを。

さて、昨日は忘年会の他に、とてもとても素敵な場所に行ってきました。

糸島市の別荘地にある、 井上孝治写真館です。
実は、ここは今月の20日までで閉館してしまうことになっており、知り合いの同業者の間で、

閉館する前にぜひ見ておくべき!
と今話題になっているホットスポットなのです。

今回は私と平島さん、平島さんの仕事の先輩岡田さんとの3人旅です。
目標地の写真館の前に、岡田さんのリクエストで、写真館近くの櫻井神社へ。

ここは今、嵐とミスチルファンの間で、

コンサートのチケット当選祈願ならここ!

というホットスポットになっているそうです(笑

岡田さんは桜井翔のファンだったのか!と思ったのですが、そうではなかったようで、どうやらここは、伊勢神宮から移設された鳥居がある由緒正しい(?)神社らしいのです。

御朱印帳で各地の神様を集めて、そのうち神様を召喚できるようになるんじゃないかと噂の平島さんと岡田さんの神社作法に習いつつ、趣のある桜井神社巡り。

  

   

 こちらがお伊勢さんからの鳥居

    
 いかにも伊勢神宮っぽい!もらわれてきたのは鳥居だけではなかったようです。

初めの不埒な情報からは想像もつかなかったですが、とても素敵な神社さんでした。
さあここからが本題。いよいよ写真館へ、、、

次回へ続く!
石川