Work-二島駅活用プロジェクト~はじまり そしてTV出演~

こんにちは。

Life&Workの石川です。

今回は、私たちの事務所の最寄の駅である二島駅のコンペについてレポート致します。

これは、去年の冬に無人駅になってしまった若松区にある二島駅の駅舎活用案を募集するというコンペティションです。

https://www.jrkyushu.co.jp/campaign/futajima/

このコンペは、提案と運営の両方が求められているものだったので、運営のできない私たちは当初、

どんな案が出てくるのかなぁ

と話題にしているくらいでした。

IMG_3066.JPG

そんなある日、同じ若松区で自然環境系の運営企画などのコンサルタント業務を手掛けられている会社さん(コンペ前なのでとりあえずまだお名前は書きませんが)から、二島駅のコンペの件で相談したいというお電話をいただきました。

はじめお話をいただいたときは、私たちに建築分野でのご相談と運営もできないかというお話だったのですが、しがない建築設計事務所な私たちには運営は難しいですということで、

運営者のめどをつけることも含めて一旦保留ということになりました。

その後うちの相方の世話好きも手伝い、運営してくださる方が決まりまして、じゃあコンペにだしてみようというこになりました。

というわけで、改めて二島駅の下見に行ってきました。

現状は写真の通り、駐輪場も駐車場もなく、自転車は放置状態。

今回の提案場所は駅舎内の、以前は駅員室として使われていた一室です。

中を見たいとJR西日本さんに問い合わせたところ、コンペ担当の方が中を見せにきてくださいました。

今回のコンペの条件等を整理すると、

該当地は若松区二島という立地の無人の駅。

高齢者の多い地域で、駅を利用するのは主に高齢者と高校生(近くに高校がいくつか点在)。

建物は古く、かといって歴史的価値があるものではない。

特に景観が良い場所でもない。

駐輪場、駐車場もない。

利用できるスペースもそれほど広くない。

このような諸条件で、すぐに使われなくなってしまうようなことにならないような持続性のある利用を提案する。

ひいては、二島駅がにぎわい、周辺地域が活性化するような提案が必要。

むむむ、、、なかなかの難題です。

しかしこれに対し誰よりも火が付いたのは、Life&Workのおしゃべり担当こと相方の平島です。

参加メンバーの中で誰よりも二島地区と関わりの深い彼女としては、リアルにこの地区の過去と現状を知っている身として、それはそれはのっぴきならないわけです。

ぽっと出の提案に二島の将来を任せてなるものかっ です(笑)

ちょっと乱暴にいいましたがつまり、二島駅が活用されるならばぜひ、一過性のものではなく、長く住民に愛されるような取り組みにしてもらいたいという、住人の切なる願いというところです。

というわけで打ち合わせを重ねてきた我々は、このコンペを単なる二島駅の活用プロジェクトとしてではなく、二島駅を中心に、若松区のもつ価値を集結させた将来性のある提案とすることにしました。

なにせ私たちはさておき、こちらのメンバーはすごいですよ。

若松のビオトープや自然の家などともつながりの深いコンサルさん(若松区は自然エネルギー事業を押しているのです)、若松にある大人気物産館の社長さん、近隣の高校の先生からは、授業で生徒さんとなにかやりたい!とのお声もいただきましたし、近所の整骨院さん、コーヒー屋さん、写真館、スキンケアの商品開発チーム、まちづくり協議会などなど。

大きな会社から、個人まで若松に住み、若松を愛するメンバーが大集結です。

私たちLife&Workを含め、3社を今回のコンペの発案者とし、提案が現実になったあかつきには、お声かけさせてもらった方々の力を借りていろいろと面白いことをやっていこうという感じです。

そんな中、私たちのお世話になっている社長さんからのご紹介で、私たちがちょいとテレビに出ることになりまして、このコンペの打合せや現地調査の様子を撮影されちゃいました。

打合せの様子とは別に、私たちもインタビューを受けまして、

若松をこれからどうしていきたいですか!

なんて、どの位置からモノ申せばいいのかというような大それたことを聞かれてタジタジだったわけですが(笑)

とりあえず、楽しいからやってます的なニュース番組的にはカットされそうなゆるい感じのコメントを中心にいろいろお話させてもらいました。

いろいろ聞かれましたが、オンエアではぐぐぐっと編集されるようなので、どこをチョイスされるのか楽しみに見てみたいと思います。

ということで、まずは一次審査のクリアが目標です!

つづきますよに!

Life&Work(ライフアンドワーク)

http://www.life-work.net

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中