月別アーカイブ: 2019年4月

Life-手作り合わせみそ講座

こんにちは、Life&Workの石川です。

今回は、事務所で開催したイベント「手作り合わせみそ講座」のリポートです。

この講座は、2/23にヨガとセットの講座で行われた「健康で簡単な玄米ご飯&お味噌汁」の回でみんなでお味噌汁をつくった時に、講師の先生が持参してくれた手作り味噌がおいしかったので、ぜひ作ってみたい!という要望がきっかけで開催されました。

材料はこんな感じ

IMG_4552

・大豆

・こうじ(今回は米麹と大麦麹を使った合わせみそ)

・塩

・大豆のゆで汁

IMG_4556.JPG

大豆は、前日から水に浸して、当日ゆでて柔らかくしたものを使います。

IMG_4555

今回の講座でやり方を覚えて、次回からは自宅でもそれぞれ作れるように、先生から手書きの作り方プリントももらいました。

IMG_4554

では早速、ゆで大豆をつぶしていきます。

つぶすのには調味料の空きビンなどを使うとやりやすいようです。

小さなお子さんも手伝ってくれました。

IMG_4558.JPG

だいぶ豆がつぶれてきました。

IMG_4560.JPG

次に使う麹を袋から鍋に出します。

IMG_4562.JPG

だまになっている麹を手でほぐしていきます。

IMG_4564.JPG

ぱらぱらになった工事に塩を混ぜていきます。塩を少しずつ加えながら、偏らないようにまんべんなく混ぜていきます。

傷があるとだいぶつらい作業です。

IMG_4566.JPG

麹∔塩をさっきつぶした大豆に混ぜていきます。

これも少しづつ加えて、均一の混ざるようにしていくのが大切です。

IMG_4569.JPG

 

IMG_4571.JPG

麹∔塩∔大豆が全てまざったら、大豆をゆでた時のゆで汁を加えていきます。

目安は、耳たぶくらいの柔らかさになるくらい。

IMG_4574.JPG

IMG_4575.JPG

耳たぶになったら丸めていきます。

IMG_4576.JPG

IMG_4577.JPG

味噌(のたまご)団子がいっぱいできました。

IMG_4578.JPG

これから容器詰めの作業です。団子をひとつ取って容器に打ち付けるようにぎゅーっと詰めていきます。

これから半年ほど寝かせて発酵させるので、空気に触れている部分にはカビが生えてくるそうです。

最終的に、味噌が完成して使えるようになったら、カビがはえてしまったところは削り取ることになるのですが、少しでもカビが生えないように容器と味噌の材料を密着させて空気を抜いていくことが大事になります。

上の面には、さっきのゆで汁の残りを表面に薄く塗ってラップを密着させます。

IMG_4581.JPG

さらにその上から紙などで覆って密閉していきます。

IMG_4582.JPG

これで完成!作った日にちと、味噌の完成する日にちを書いておきました。

半年後、開封するのが楽しみです。

その時もぜひみんなで集まって、開封の儀式&お味噌汁会をしたいなと思います。

IMG_4583.JPG

今回は少人数限定の講座だったので、あまり告知せずに行ったのですが、もしご要望があればまた実現できるかもです!気になる方はぜひご一報ください!

 

Life&Work(ライフアンドワーク)

http://www.uni-uni.net

Work-飯塚の有料老人ホーム2〜工事ダイジェスト後半〜

こんにちは、Life&Workの石川です。

今回は、飯塚で進んでいる老人ホームの工事風景ダイジェスト2回目です。

構造が組みあがり、屋根を葺いたあとからです。

壁に張られている白いシートは外壁の防水シートです。

この上に外壁材のサイディングを張っていきます。

IMG_4022.JPG

サイディングを張るとこんな感じです。

老人ホームと言えば、ベージュや明るめの色が多いイメージですが、今回は木目調の黒のサイディングを採用しました。

一般的な「老人ホーム」や「お年寄りの施設」というようなイメージは、今の若々しい年配の方からするともうそぐわないですよね。

IMG_4091.JPG

エントランスには大きな車寄せの屋根がかかっています。

外部は、外壁も天井もサッシも黒で統一しています。

IMG_4133.JPG

IMG_4134.JPG

内部は、木軸にクロスを張るためのボードが張られていきます。

IMG_4010.JPG

 

IMG_4009.JPG

浴室のような水がかかる部分は木ではなく、コンクリートで下地を作ります。

IMG_4020

IMG_4021

その上にタイルを張ります。

IMG_4220.JPG

クロスを張る前には、下地のボードの継ぎ目やビス留めの穴を平らにするパテ処理を行います。仕上がりの美しさは何事も下準備が大事ですね。

IMG_4416.JPG

IMG_4217.JPG

クロスを張るとこんな感じ。

IMG_4218.JPG

こちらはエレベーター工事。

ここだけは強度をとるために鉄骨の柱、梁が組まれています。

IMG_4412.JPG

天井から下がっているのは、ルーバーを留めるための金具です。

IMG_4411.JPG

 

IMG_4601.JPG

ルーバーが付くと一気に雰囲気が変わりました。

IMG_4599.JPG

この施設は吹抜けが多く、空間の広がり、明るさ、視界の抜け、解放感がたっぷりです。

IMG_4603.JPG

 

IMG_4418.JPG

IMG_4633.JPG

目の前の鳥羽池の周りに咲く桜が、室内からきれいに見えます。

IMG_4607.JPG

 

IMG_4631.JPG

外部も足場が取れて完成に近づいてきました。

IMG_4227.JPG

IMG_4320.JPG

IMG_4323.JPG

南の庭との間には深い軒がかかっています。

日差しの強い日も、雨の日も外に出たくなりそうです。

IMG_4230.JPGIMG_4615 - コピー.JPG

もうすぐ完成です!

完成写真はまた後日。

Work-ロフトのある二世帯住宅改装工事 4〜工事開始〜

こんにちは!

Life&Wokです。

桜が満開です。

飯塚の現場では、窓から満開の桜が綺麗で、ぼーっとしてしまいます。

さて置き今回は、改装物件が着工しましたのレポートです。

去年の7月から始まった改装プロジェクトが、少し休止状態もはさみましたが、無事着工致しました!

職人さんたちがサクサクと設備機器を外していきます。

まずは解体から。

さあ、この部屋が解体後どうなるかというと。

じゃーん。

天井を抜いて大きな空間が現れました。

今まで、LDKとはつながっていなかったロフトが、天井と壁を壊したことでLDKとつながり、見えてきました。(写真の中央奥)

今回の改装では、元々あまり使われていなかった既存のロフトを活用したいというお施主さんの何気ない一言が、「1Fダイニングキッチン-M1リビング-2Fロフト」という新たなフロアーレベルを設定する案になりました。

写真の床が剥がされている部分に、新たにリビングとして床を60cm高く作ります。

工事期間は2か月の予定。

どんどん工事は進んでいきます。

勾配天井にボードが張られました。

脚立に乗っている、木組みは足場です。

私もこんな足場は初めてみました!

手前が新しくロフトを延長した部分。

奥は足場なので、天井ができたら外されます。

数日後足場が外れた様子です。

IMG_4645.JPG

同じ角度のさっきの写真と見比べてみると

縦長のボックスが組みあがったような状態です。

今回の工事では、お悩みだった、寒い暑いを解消するために、天井と壁に断熱材を入れています。

IMG_4648.JPG

心地の良い空間は、空間構成も性能もどちらも不可欠です!

続く